ダイエットと炭水化物

ダイエットと炭水化物について

ダイエット中に控えたい食べ物

炭水化物は、身体や脳を動かすエネルギーになる大切な食べ物です。不足すると頭がぼうっとしたり、身体がだるくなってしまうことがあります。しかし、採りすぎには注意が必要です。たくさん食べて、あまり身体を動かさずにいると、食べ物から取り入れた炭水化物は余ってしまい、体脂肪へと変化するのです。そこでダイエット中は、なるべく控えめに食べるようにします。食パンなら八枚切りを一枚、ご飯ならば小さ目のお茶碗に軽く一杯くらいが一食の適量です。普通サイズのうどんやラーメンなどは、ダイエット中の一食には多めなので、どうしても食べたい時には半分くらい残すようにしてみましょう。また、夕食の時に主食となるご飯やパンを抜きいておかずだけ食べることで、一日に食べるトータル量を抑えることもお薦めです。

ダイエットに効果的な食べ物

ダイエットには様々な方法がありますが、その中でも食事のコントロールをすることは効果的でもあります。カロリーの少ない食事を摂れば摂取カロリーを抑え満腹感を得ることが可能です。また、脂肪を燃焼させやすい食べ物を摂取することで、痩せやすい体質を作ることも可能です。間食を良くしてしまう方や食べ過ぎてしまう方には、食欲を抑える食べ物を摂ることも効果的なダイエット方法です。このように、すぐに効果を出すことは難しくても、継続することで痩せやすい体質になったり、効果を感じることも可能となります。食事は毎日のことですので、気を付けることが大切です。

↑PAGE TOP